いびきの原因・病気の象徴

いびきをかいて寝ているのにそのまま放置していませんか?
いびきをかいて寝るのには原因があります。

1.肥満気味
2.常に仰向けで寝ている
3.ストレスがたまっている
4.口呼吸で寝る習慣が身についてしまっている
5.鼻炎
6.寝る前の飲酒
このように様々な原因があります。
いびきをかいたまま寝ていると、眠りが浅くなってしまい熟睡できないので疲労感が残ったまま目覚めてしまいます。
それがストレスとなりまたいびきをかいて寝るという無限のループに陥ってしまいます。
しかも、病気の原因になることも少なくはありません。
高血圧、糖尿病、脳疾患、心臓疾患になり大変危険です。
この原因はいびきをかいて寝る酸素不足が原因で、その状態が長く続くことにより引き起される症状になります。
改善するためには、肥満であればダイエットをすること。
口呼吸がくせになっているのなら普段の生活から鼻呼吸を意識してクセづける。
仰向けで寝るのを辞め、横を向いて寝る。
どうしても仰向けになるという場合は抱き枕などを使うと寝やすくなります。
寝る前の飲酒は健康にもよくないので辞めましょう。
いびきをかいて寝ると、周りの人にも迷惑がられ人間関係が上手くいかなくなったり病気になって困るのは自分です。
改善しましょう。

いびき枕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です